La vie en Rose yuming0117.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ついに還暦を過ぎました、が、 まだまだジタバタ  B型山羊座のもなかです。


by yuming0117
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

長女の言葉


ぎりぎりのところで頑張っていた次女の気持ちを決壊させたのはTさん(専務、実質実権を握っている人)の事件でした。

Tさんから『コピー取ったら渡すからそれM(次女の相方)くんにも渡しといて』と言われたデザイン画のコピー、Tさんが次女と隣りのAさんと言う人の机の境目に置いておいたのをAさんが自分の書類と一緒に片付けてしまった。
次女はそれを知らず、Mさんから『コピー受け取ってない』と言われたTさんから次女が『コピーどうした?』と怒鳴られた。

Aさんが片づけたことは知らない次女は受け取ってないと言ったけど『渡したやろ、とぼけるな、無責任やな』と言われ。

後からAさんが『コピーってこれ?』と出してきたけどAさんが持ってましたと言うわけにもいかず『探し方が悪かったけどもう一度探したら出てきました』と報告したそうです。
元々、Tさんは次女に渡さないで机に置いたってこと忘れちゃってたみたいで。
それにコピーが出てきたとしても次女がだらしなくてコピーが見当たらなくなったと言う判断は覆らない。
これからは無責任な人間として見られて仕事するのかとか、言いわけするヤツだと思われたとか。
Tさんが渡したと言っているのが勘違いでもそれを指摘することはできない、証拠もないしね。

信頼されてるから色々任されてると思って頑張っていた気持の持って行きどころが無くなってしまったようでした。
後からAさん、平謝りだったそうだけど、もう遅い(苦笑)

そうやって気持ちがひどく落ち込んでるところへそのあと、展示会の仕事がどっと襲ってきて10連勤それも1時2時まで仕事して、体の疲れもピークを越えてしまったのでしょう。
親としてはそんな無理して働くことない、もっと楽な仕事はあるはず、アルバイトでもいいじゃないか、とすっかり辞めさせる方向に向かっていたのでしたが。(少なくとも私は)

だから私は、長女からこれからどうするの、と聞かれた時『辞めさせる』と即答したんだけど長女の答えは『それはE(次女)の本心なの?』
本心も何も体壊したら何もならないでしょう、と言うと長女は『まだ壊していない』と。
今辞めたら、Eは仕事がきつくて耐えられなくて辞めた、またはTさんに酷いこと言われて我慢できなくて辞めた中途半端な人間、だと周りからも思われるし自分でもそれを引きずる、たった一度のことで一年も働かず辞めさせるのかと。
Eがまだ続けると言ったら続けさせるべきだ、と。

長女がパワハラを受けている時、私はもう行かなくていいと言ったけど夫は『そんなことが続くわけはない、何か方法があるはずだ、それを試さないで辞めてはいけない』と言い続けました。
そして、色々あって沢山人が動いてくれて運よく相手は転勤して行きました。
辛かったかも知れないけど、結果は長女にはいい方向に行ったわけです。
それはかなり幸運なことよね。

一方、次女の会社は長女のところよりさらに小さく、組織も規則も整っていなくパワハラ防止委員会なんてものもなし、誰に何を言ったらいいのかも分からない。
直属の上司って言っても28歳のもうすぐやめるMさんだし。
それでも、じゃ自分自身で言ってみるとか、時間がきたら帰って来てしまうとかとにかく方法はどうでも、今の状況を自分で変える努力をEはまだ何もしていない、と。
Eは帰って来るなんてできっこないとかだってしょうがないと言うけど、ほんとに方法はないのかとも。

まぁ、今までの人たちがずっとそうやって働いてきたんだから、次女だけができませんと言うわけにもいかないんでしょうしね。
(だから、みんな勤続年数がすごく短いんだけどね)

でも、今のまま辞めたら、Eは自分のこと頑張ったけど体壊しちゃった可哀想な子と思うだけ、それじゃ結局、被害者意識以外に何も残らないよ、とまで言いました。

そして、長女自身はそのことがあってからいろんなことを考えたし、自分の悪いところもあると思ったし、ここで働いて行くためにはどう考えたらいいのかと自分なりに悩んだし、それは無駄になっていないと思う、と。
今はみんながEが辞めるのに何も言わないから、別に私が悪役を買って出るわけではないけど、一言言いたい、と。
今のままじゃEは辛くて辞めた弱虫のお嬢さんだよ。
酷いこと言うようだけど、今辞めるのは絶対良くない、と。

びっくりしたけど長女の言うことは間違っていない。
間違っていないとは思うけどとにかく私は、出版社に勤めていた友達のお姉さんがやっぱり無理して仕事続けているうちにパニック障害になってしまった、というのが頭にあって、そうなる前に辞めさせなくては、と言うのがすごくあったの。

でも、長女の言葉を夫に報告すると『それは僕の思っていることとすっかり同じだ、今回は体を壊しそうなので辞めても仕方ないと思ったけど、M(長女)の言うことは正しい、3年務めている人と1年の人の違いだね』と言っていました。

今日、出かけて行く時もEはなんだか涙ぐんでいたし、帰ってくるまでは心配です。
人には人それぞれの入れ物があって、Eのそれが小さいならもうそれは仕方ないことなのかもしれない。

やっぱり体壊すような仕事は続けさせたくはないからね。
長女のタフさはどこから来たんだろうなぁ。
パワハラされてた時も、体は壊さなかったし。

年も近いし、事柄によっては次女の方が大人びて見えることもあるけど、何かにつけて次女が長女のことを頼りにしてるのはこのタフさゆえかな、と今回思ったりしました。

今日、どんな顔して帰って来るか、ほんとに子供って次から次へと心配事の宝庫だわね。
この年になっても、親業満喫させてもろてます(笑)
[PR]
Commented by まり at 2011-02-23 23:57 x
ご家族のどなたの意見も全部みな、正しい、そう思います。あとは、ご本人の意思。もう、外部の人間にはそれしか言えない・・・。明らかに勤務形態は異常ですが、それを本人以外の人が無理に辞めさせることはできないし、無理に続けさせることもできない。続ける辞める、いずれを選んでも、自らの選択でなくては後悔が残るでしょう。書かなくてもいいのに書いちゃいました。
話は変わりますが、私の親、すぐに先回りしちゃうんですよね。で、一生面倒見てもらえないんだから、私の意志を尊重して、とそんな話を先日しました。といいながら、以前、自分が指導する研修医のこと、すっごくj先回りして、障害物とってまわったなぁ・・・(あたかもカーリング選手のように、なにかあったときに訴えられたり傷つけられたりしないようにって・・・)、そして結局、先生は、ぜんぜんわかってない!!!って嫌われちゃいました(><)すぐに、言いすぎました、って言ってもらえましたけど。そのときのことを思い出しました。子供ほしかったなー!
Commented by natsu at 2011-02-24 07:52 x
おひさしぶりです!次女ちゃん大変ですねーすごくがんばってるっ!

読んでいて思いました・・・ワタシは長女なんですが、この中のお姉ちゃまやパパさまとまったくおんなじ考えなんです(笑)不思議ですね~
いいか悪いかは別として、長女って結構タフなんですよね、何故か(笑)
子供の頃は幼稚園にも行けないくらいビービー泣いてる過保護気味だったワタシを知ってる叔母は、今のワタシを見て「由香(ワタシの妹)に、あんたの根性の半分くらいあればね~」と言っています、ちなみに妹は子供の頃、母の手におえず半ば強引に、幼稚園の3年保育に途中入園させられた人です(笑)今は大変かも知れませんが、こうやって心配をかける可愛いげをもっているのが、長女にはない、次女のいいところなんですよ~(笑)もなかさんちの次女ちゃんもきっと自分で決めて前に進んでいきますよー!長女がうらやむほど、次女はかわいい子なんですっ!(笑)
Commented by polica at 2011-02-27 12:29 x
分かるわぁ~、もなかさんの気持ち。
でもね、今はがまん。
がまん、がまん、がまん!
賢いお嬢ちゃまですもの、結論はご自分で出せますよ♪
Commented by もなか at 2011-02-27 23:16 x
☆まりさま
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
そうなんですね~。
長女は読みようによれば、随分キツイこと言ってるコワイ姉、のようですが、
結局、周りから可哀想可哀想と言われて自分のことを決めたら次女は後悔すると言う姉心なんです。

ついつい親は自分の経験に照らして、余計なこと言っちゃいますからね(とくに女親はね)
辛い時は労わりつつ、見守らなくてはいけないんですが、それがなかなか難しくて(^_^;)
でも、体は大分元気になり食欲も出てきましたので、ちゃんと自分で考えて決断できると思います。
Commented by もなか at 2011-02-27 23:23 x
☆natsuさま
コメントありがとうございます。
お久しぶりにコメントいただいたのがこんなネガティブな話題で申し訳ない。

なんだか、natsuさんのお話、うちの娘たちのようで(笑)
今でこそこんなですが、うちの長女も幼稚園の頃は幼稚園が見えてくるとメソメソ、人見知りでなかなかお友達もできず、この先長い集団生活送っていけるのかと心配しましたが、いろんなこと切り抜けているうちにタフになったのか、生まれつきのものが大きくなって出てきたのか。
次女は昔は人懐こくて誰とでも話せて、なんでもひとりでやりたがって、長女と反対だなぁと思っていたのですが。
ま、親としてはどちらも個性で可愛い。
頼られればなんでもしてあげたい甘母なんですけどね。
おかげさまで、次女も大分元気になりました。
Commented by もなか at 2011-02-27 23:25 x
☆policaさま
ありがとうgざいます。

ほんとに、がまん、ですね~。
なんでも親が解決すればいいってものじゃない。
何が本人のためなのか、本当に考えさせられました。
だいぶ元気になりましたので、しっかり自分で考えてくれると思います。
by yuming0117 | 2011-02-21 14:58 | 家族 | Comments(6)