La vie en Rose yuming0117.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ついに還暦を過ぎました、が、 まだまだジタバタ  B型山羊座のもなかです。


by yuming0117
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

やったー


ティーアカデミー
合格点に
達していました!

久しぶりのお勉強、試験
物忘れも心配な今日この頃、

合格ラインは75点とお知らせがあり、
ちょっと心配していましたが
本日

合格点に達していた、との
ご連絡をいただきました。

これから何を始めるわけでもありませんが、
人から習う、勉強する
本当に久しぶりで楽しかった。

最近もらったメールの中では
団トツに
うれしかったです。


[PR]
# by yuming0117 | 2018-11-01 00:14 | Comments(0)

チグハグ


区の健診で胃カメラ。

事前の同意書に、異常が見つかったら生検を希望するかとあり、まさか異常なんてないと思っていたのと、もしあってもここでは治療しないと思っていたのとでしないに◯。
そしたら逆流性食道炎がありますね、良性だと思うけど炎症のところにポリープがあります、近いうちに生検してください、と言われた。

あーあ。



[PR]
# by yuming0117 | 2018-10-24 14:48 | Comments(0)

誕生日祝い


長女の誕生日祝いに、軽井沢へ一泊旅行。
去年行ったのが楽しかったのか、今年もリクエストされました。
誕生月の9月は私が何かと忙しく、1か月遅れで。

アウトレットで買い物して、酢重で晩御飯食べて、ホテルのバーで乾杯。
なんてことない旅行でしたが、本人が楽しいならそれでよし、です。

去年と同じバーテンさんが覚えてますよ、と作ってくれたカクテルは今年は薔薇の香りが素敵なプリムローズでした。
私はドライマティーニ飲んでそのあと、ジントニック飲んでキール飲んでスコッチ飲んで、久しぶりに酔っぱらいました(私が)

早く親じゃない人に誕生日祝ってもらってください115.png

(去年の日記を読み返してみたら、ほとんど同じ文でした129.png

d0153207_15244553.jpeg

[PR]
# by yuming0117 | 2018-10-21 15:19 | Comments(0)

イボ取りじいさん


以前レオンのお尻近くにイボが出来てレーザーで取ったのですが、そこがまた大きくなってしまい、今回は根から切り取ってもらいました。
もうすぐ14歳と言う年齢を考えると、どうしても全身麻酔には踏み切れず、鎮静剤と痛み止めで頑張ってもらいました。時計回りに
出かける前にキリッ→帰って来てまだボンヤリ→ステーキ貰ってにっこり→痛み止めが切れてしょんぼり のレオンです。
無事に済んで本当に良かった〜😭
d0153207_23070219.jpeg

[PR]
# by yuming0117 | 2018-10-14 23:06 | Comments(0)

まんぷく


長谷川博己が大好きなので、毎朝楽しみです。

なんなら、7:30BS、8:00総合、12:45総合、23:30総合
4回全部見ても飽きません。

[PR]
# by yuming0117 | 2018-10-10 09:34 | Comments(0)

後始末


父が亡くなり母は弟のいる北海道へ移住し、空き家になった実家を売却することになり、色々色々手続きを終え
先月末すべてが終わって、まだ解体はしていないもののもう家に立ち入ることはできなくなりました。
家を売るにあたっては、何もかもわからないことだらけで不安でいっぱいでしたが、この件でお世話になった方々、お名前は存じ上げていたけど初めてお目にかかった方、みなさんいい方ばかりで感謝しかありません。

昨今は、解体業者さんが家の中のものの処理も請け負ってくれるそうで、何もしなくていいとは言われましたがそうもいかず、
妹たちと何度か通って母が持って行ききれなかったものを分けたり捨てたりしました。

絵だの着物だの本だの写真だの、割と淡々と作業は進んだのですが、冷蔵庫の中のものを見たとき、
父も母もここで暮らしていたんだということが実感として迫ってきて、胸がいっぱいになりました。
人間とはおかしなものです。





[PR]
# by yuming0117 | 2018-10-07 14:12 | Comments(0)

揉捻


父方の祖父が静岡の人なのは以前も書きましたが、父が子供の頃はおじいさんおばあさん(祖父の両親・父はそう呼んでいた)がまだ静岡に住んでいて、静岡という土地柄かその家では自分たちの飲むお茶は作っていたらしく、父は、おじいさんはお茶を撚るのが上手でおじいさんが撚ったお茶は針みたいに細かった、と言っていました。もちろん私はおじいさんのことを覚えていませんが(私が生まれた頃まだ生きてはいました)父の話を私が覚えているので、そういうおじいさんがいた事実は、まだ存在しているわけです。

父が亡くなり、母は弟のいる北海道へ移住し、無人となった実家を売ることになりそれに関する書類を取り寄せました。
父の祖父母の名前は知っていましたが、さらにもう一代前の私のひいひいおじいさんの名前はそれを見て初めて知りました。
この人のことを記憶している人はもう誰もいないんだなぁ、名前すらもう知ってる人はみんないなくなってしまったんだなぁ。

なんてことを、ティーアカデミーの講義でジューネン(揉捻)と言う言葉を聞きながら思いました。

何が言いたいのか分からない文になってしまいましたが、最後に残るのは人の記憶なんだなぁと思ったと言うことを言いたかったのでした。

揉捻=発酵茶の製造過程で茶葉を揉んだり捻じったりして傷をつけること。それにより茶葉の中の酵素を空気中の酸素に触れさせて酸化させ茶葉の発酵を促す。

d0153207_21013046.jpeg



[PR]
# by yuming0117 | 2018-10-05 15:35 | Comments(0)

ティーアカデミー


紅茶が好き、だと自分では思っていたけどはて本当に紅茶って美味しい?と思い出したのはいつ頃だったか。

家で紅茶を淹れるとたまに美味しいこともある、ほんとにごくたまに。
でも、なんで今日の紅茶が美味しいのかわからない。美味しい時と美味しくない時では何が違っていたんだろう。
一応本で読んだり、TVで見たりして正しい紅茶の淹れ方は知ってはいるはずなんだけど、どうなんだろう。
美味しい紅茶はどうやって淹れるのか、いろいろ種類があるけどどれをどうやって淹れるのがいいのか、モーニングだのアフタヌーンだの名前があるけどいつ何を飲むのがいいのか、なーんにもしらないことに気づいて、たまたま読んでいた岡田美里さんのブログに登場したスチュワード麻子さんの紅茶教室に通い始めました。
麻子さんはもともとJALのCAをしておいででしたが英国の方と結婚、ロンドンに住むようになり駐在員の奥様方に紅茶のことマナーのことなど聞かれて答えているうち口コミでその人数が増え、人に教えるならあいまいなことは言えないと紅茶のお勉強を始め、それが昂じて紅茶のテイスターとしてお仕事をなさり、とキャリアを積まれて、紅茶の会社を立ち上げ、ロンドンから帰国した方たちの日本でももっとお勉強したいという要望に応えて日本でもお教室を開き、というパワフルウーマン。
その日本のお教室に私も通ったわけです。

麻子さんのベーシックコースから始まって、アドヴァンストコースも修了、もういいかとも思ったけどさらに上のディプロマコースというのが開講されそれにも首を突っ込んでしまったのが今年の3月。
ディプロマコースは、紅茶の知識を得て今後お教室を開いたり買い付けの仕事をしてみたいという人のコースと、知識を深めて今後の紅茶生活を楽しみたい人のコースと二つに分かれていてもちろん私は楽しみたい人のコース。
これもいくつか段階があるので、終わるまで通ってそれが済んだらもういいかなぁ、と思っていた矢先。

UKティーアカデミーという組織が日本でレッスンをすることになり、多数申し込みがあったようですが何とか滑り込みで受講できることになり、10月1日~3日まで講義を受けてまいりました。
3日間、講義、テイスティング、茶葉ブレンドの実習もあって最終日にはテストもありました。
3段階あるうちの初級コースですが、久しぶりに脳を使ってヘロヘロでした。

ここで得た資格は日本だけでなく海外でも紅茶のみならずお茶全般の専門家として通用するとあって、若い将来の計画を持った方も多く、雑談で出るお話もなかなか刺激的でした。
たぶん私は最年長だと思いますが、いくつになっても人からものを教わるというのは楽しいものです。

高い志を持った若い方のお席を一つ、趣味で~なんて言ってるおばあさんが奪ってしまうのも申し訳ないけど、最終コースはロンドンで英語で講義を受け、英語でプレゼンするというものなので無理としても、一つ上のソムリエコース、ご遠慮しようかと思っていましたがここまで来たら乗り掛かった舟だ!という気持ちもわいてきて、次回はどうしようかナぁ。

資格を取って何をするというわけではない私ですが、それでも長くレッスンを受けるうち、コンスタントに美味しい紅茶を淹れられるようになったとは思います。

[PR]
# by yuming0117 | 2018-10-05 13:32 | Comments(0)

いただきもの


d0153207_15243597.png
長女の同僚の方からいただきものをした。
お米、果物。
私は親の代から、田舎というものがないのでこういう頂き物はめちゃくちゃ感激します。



[PR]
# by yuming0117 | 2017-10-11 15:25 | | Comments(0)


涼しくなったので、雑草を抜いて空いたところに何か植えたいけれど、庭をどうするか、という話題になると必ず夫と言い合いになる。

困ったもんだ。

犬養道子さんの自伝、『花々と星々と』の中に、おじいちゃまである犬養毅首相の後妻さん(確か元芸者さん)が庭の手入れが面倒だからと木を全部切ってしまい、それを見た道子さんのお母さんやお父さんが、それでもプラスティックで覆ってしまわなかっただけ良かったとか言う場面があったと記憶している。(たぶん本は実家にあるけど今は確認できない)
もしかしたら、夫はそのプラスティックで覆う案に乗るんじゃないかと思うくらい、土の部分に何かを乗っけたがる。

雑草。抜くのは私なのにどうしてそう言うこというかなぁ。

『花々と星々と』はNHKでドラマ化もされて
道子さんは斎藤こず恵ちゃん、ママは加賀まりこさん、パパは竜崎勝さん、おじいちゃまは芦田伸介さん(だったかな?)、問題の後妻さんは沢村貞子さん、母方のおばあちゃまは丹阿弥谷津子、という配役だったと記憶しています。
後でちゃんと調べてみよう。

ひよっこ、終わっちゃいましたね。
白石加代子さん、よかったなぁ。

[PR]
# by yuming0117 | 2017-10-02 11:17 | Comments(0)