La vie en Rose yuming0117.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ついに還暦を迎えました、が、 まだまだジタバタ  B型山羊座のもなかです。


by yuming0117
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

青空 チューリップ


高校生のころ、チューリップというバンドが大好きでした。

財津和夫さんの書く曲は、そのころ流行っていた私小説のような歌詞とは全く異なる、虚構の物語でした。
だからストレートに心に響かない人が多かったのかなぁ、『心の旅』などのヒット曲はあったもののすごくビッグという扱いは受けず、はるかに劣ると私には思えた○リスだの海◎隊だのが持てはやされ悔しい思いをしたものです。

因みに、小田和正さんが『クリスマスの約束』という番組でミュージシャンに好きな曲は何ですかとアンケートを取ったところ、一番票を集めたのはチューリップの『青春の影』
曲はばらけてるけど、一番票を集めたミュージシャンはスピッツだったそうです。

その財津さんの曲がいつごろからか、まぁ生ぬるいというか普通というかなんだかなぁという感じになり、私はそれが多分幸せな結婚をしたせいなのではと思うようになり、そんなことで作る曲が変わるなんてとそれまでの敬愛の気持ちの反動かもう大嫌いになり全く聴かなくなりました。
いや、正確には聴けなくなりました、腹が立って。
財津さんは変節した、堕落した、と周りの人に平気で言いました。
すごい八つ当たり。

本当にそれは長く続き、その間にブルーハーツ(→ハイロウズ)にもスピッツにもフジファブリックにも出会い、心を動かされる曲には事欠くことはなく過ごしてきました。

それでも最近、年のせいか(笑)またちょっと聴いてみたいなという気持ちになり、聴いていたところずっとずっと忘れていたこんな曲が突然流れてきてたじろいでしまいました。
そして、これが頭の中でリフレインしてせっかくのゴールデンウィーク後半、苦しくって仕方ない。

チューリップ 『青空』

あぁ暗い(笑)
もうこれ以上暗い曲ってないんじゃないかと思うくらい暗い"(-""-)"
思い立って検索してみたら、ある方は歌詞としてはもう禁忌の域だと書いていらっしゃいました。
そうね、今だったら “私を殺してほしい” なんて言葉を歌詞にする人はいませんね。
財津さんはこんな気持ちで曲を作っていたのか、それが何故変わってしまったのか、他人には知るよしもありませんが。

でも、これがそのころの財津さんのそのままの気持ちなんだと思っていました。
財津さんはこういう気持ちで曲を作っているんだと。
私はこういう世界を突き詰めてほしいと財津さんに望んでいたんだと改めてわかりました。
悲しみとか絶望とか救われなさとか、そういうことを。財津さんはその能力がある数少ないミュージシャンだと。
勝手な思い込みですけどね。

そして財津さんはこういう曲は作らなくなりました。
もうこういう思いを曲にするのは嫌になったのかも知れない。
そして私は財津さんから離れました。

そういえば、ブルーハーツにも青空っていう名曲ありますね。
チューリップの『あいつが去った日』という曲に、♪青空が高すぎる あいつが去った日 とありますね。
青空っていうのは、何か人の心に働きかけるんでしょうか。
それも、明るいほうへとは限らないほうへ。

ミュージシャンも長く聴いているといろいろ変化があります。
曲の世界と自分自身が矛盾しないため彼女も作らない、結婚もしないと言っていた志村君はそのまま天国に行ってしまいましたけど。

変化を受け入れられるか否か、自分の心のありようも関係あるのだとしたら、またチューリップを聴きたくなった今の私はどういう心持なんだろう。

なんてことを考えてみるゴールデンウィーク最終日。

今年も、どこへもいかずに家でだらだらしていました。

[PR]
by yuming0117 | 2017-05-07 12:39 | Comments(6)

セトリ


フジフジフジQのセットリストをフジファブリックバージョンで作ってみました。
気持ち悪いと言わないで(^-^;
d0153207_14065867.jpg


茜色の夕日』と言う曲があります。

全編に本当にどうしようもないくらいの切なさが溢れている歌詞で、聴きながら泣けてしまうのですが、どうしても

♪君のその小さな目から

のところで、『そりゃあんたよりはな』と突っ込みを入れたくなってしまいます。
本当に大きな目でしたよね。
d0153207_14191421.jpg

[PR]
by yuming0117 | 2015-05-08 14:09 | 音楽 | Comments(2)

Fujifabric FUJIFuji富士Q


ちょっと前、今更なんだけどフジフジフジQのDVDを買った。
d0153207_23210259.jpg

買ったけど、長いし見ると辛くなるのは分かってるしで、見ないでいた。

リンクが貼れないのでちょっと長いけどwikipedia の説明をコピペします。

フジフジフジQとは2010年7月17日に富士急ハイランドコニファーフォレストにて行われたライブを収録したDVD。
完全版の名の通り、場面転換中のMCも完全収録されている。
初回限定盤とBlu-ray盤には特典映像としてライブ開始前に上映した「Opening~Introduction~」、「フジファブリック VS 富士急ハイランド」、「金澤ダイスケの物販紹介」と、当日未上映の「高校野球風富士吉田紹介」を収録。
本公演の開催を発表した直後の2009年12月24日にフロントマンでありボーカルの志村正彦が急逝。このため開催が危ぶまれたが、フジファブリックと縁の深い15組がゲストボーカルとして2曲ずつ歌唱・演奏するという方式を採り、予定通り開催された。
本公演の開催の経緯は、奥田民生が本公演日の約15年前の1995年8月19日に同所でライブを行ったのだが、観客で当時15歳だった志村が奥田のライブに感動し影響を受け、この事が音楽家を志すきっかけとなった。志村自身がミュージシャンになった暁にはいつかその場所でライブをしたいという目標があり、15年越しの夢として計画されていた事による


一昨日、同じくフジファブ大好きの姪が遊びに来て、泊まって行くことになったのでそれじゃあと言うことで、フジQ祭りに(笑)
(我が家はダンナ以外はみんなフジファブ大好き)
d0153207_23213084.jpg

超豪華出演者の皆さま、志村のためにありがとう、って私が言うのも変なんだけれども。
志村も自分がいなくなった後、こんなライブが開かれるなんて、思ってなかったことでしょう。
(奥田民生、斉藤和義、ハナレグミ、藤井フミヤ、puffy、真心ブラザーズ、吉井和哉、氣志團、スカパラ、くるりetc.)

みんな元気に歌っているけど、志村はもういないって言う事実はやっぱり出演者にも見てる方にものしかかっていて。

志村君、忘れないよ。
言えるのはただそれだけ。
豪華ゲストの歌を聴き終わった後、君の声が聴きたくなった。

ずっとずっと大好きだから。
[PR]
by yuming0117 | 2015-04-30 16:30 | 音楽 | Comments(0)

細美


今、聴いて一番元気が出る曲は

the Hiatus の『ベテルギウスの灯』です。

ロックインジャパンフェスティバル の放映で見ました。
元気に楽しそうに歌ってる細美がうれしかった。
見に行きたかったなぁ。

youtube で検索したけどなかったのでここには載せられません040.gif
[PR]
by yuming0117 | 2013-09-16 08:54 | 音楽 | Comments(0)

見直す


時々コメントを下さるりぼんさんが、某俳優さんを最近の映画を観て見直した、とブログに書いておいでです。

芸能人なんて、所詮本当はどんな人か分からないんだから、好きも嫌いもこちらの勝手な思い込みから発生するもので、だからひょんなことで好き嫌いがひっくり返ってしまうことが、あるんですよね。

私は、フジファブリックの志村正彦君がそうです。
何回かここにも書きましたが、元々は、歌は上手じゃないし曲もなんだかどれも似たようだし(と言えるほど熱心に聴いてもいなかった)、あのなんだか少女漫画に出てきそうな、タイプじゃないけどキレイで無表情な顔もイヤだった。
正直椿屋四重奏と区別がつかない時もありました。
万が一にも無いと思うけど、もしフジファブファンの方、ご覧になってたら、ごめんなさい。
今では心から自分の不明を恥じております。

変わったのはアルバム『chronicle』を聴いてから。
勧めてくれた長女が『捨て曲ないよ』って言ってたのは、大袈裟じゃない。
ほぉ、そうか、なかなかいいじゃん、これから贔屓にしてやるぞ、なんて思ってた矢先、志村君は突然死してしまいました。

そのこともあってか、今や『chronicle』は私のお気に入りアルバムのベスト3に入ってます。
死んじゃったんだ、と思うともう可哀想で可哀想で、聴きながら涙を流すとデトックスにもなると言うオマケつき。

大好きになれるものには、そうそう出会えるものじゃないけど、出会うためにはとにかく出会いがないと。
だから色々試してみなくてはいけませんね。
[PR]
by yuming0117 | 2013-06-08 11:23 | 音楽 | Comments(9)

フジファブリック


wowowで、ロックインジャパンフェスのアーティスト特集フジファブリックを観る。

合計五曲
・夜明けのbeat
・徒然モノクローム
・star
・echo
・銀河

志村正彦がいた頃の、「銀河」で次女大泣き。
三人が志村くんのいた頃と同じ様に演奏してるのを見て銀河を歌っていた志村くんを思い出し、志村くんが居ないのを改めて感じた、三人はどんな気持ちなんだろうと思うと余計に悲しい、と。

志村の死後、ヴォーカルはギターのソウ君(山内総一郎)が担当することになった
一番年下でやんちゃ坊主のようだったソウ君がね、と以前からのファンだった次女にはそれも感慨深いらしい。

志村のヴォーカルはある意味あまりにも強烈だったから、むしろ似せることもしない、ソウ君のヴォーカルだった。
志村のいた頃の銀河、ギターソロの場面で熱演するソウ君のそばで志村君は気のないような風で、ふんふんて感じでうつむいてギター弾いてた、と。
そう言えば、志村君はいつも気が無いような風だった。
中原中也にちょっと似てる無表情の綺麗な顔がそんな印象を与えたのかな。
でも、音楽にすべてを捧げ、自身の身を削るようにして曲を作りだしていたと言う。
それが彼の命を縮めてしまったのかも知れない。

私は、志村君生前の最後のアルバム、クロニクルを聴いて初めてその良さに目覚め、その後志村君が急逝、その後の彼らをちょっと見守る程度の気持ちで聴いていて今年のフェスで本格的にファンになったという、かなり遅れて来た変則的なフジファブファンだ。
実は私は歌い手としての志村君はそれほど好きではなかった。
(だって~みんなおんなじに聴こえるんだもん)
ただ、あの気がないような歌い方で人をひきつけるのはやっぱり志村にしかできないことだった。

志村君がいた頃のフジファブリックは良くも悪くも志村君のワンマンバンドと言う感じで、もちろんそれは彼が素晴らしかったからなんだけれども、そのせいで他の3人が見えにくくなっていたことも事実だ。
志村君に対する好き嫌いがそのままフジファブリックに対する好き嫌いに繋がってしまうような、それでも3人はそれを選択して志村君とフジファブリックをやっていくんだと言う、フジファブリックはそんなバンドだった。

その志村君が突然いなくなった。

悲嘆、動揺、絶望3人の気持ちはどんなものだったろう、想像することもできない。
追悼番組での3人は、悲しいと言うより戸惑いや理不尽なできごとに対する怒りの方が強いように見えた。
志村と言う支柱を失ったフジファブリックはこのままなくなってしまうんだろう、それも仕方ないと多くの人が思っていたに違いない。
そんな中で、一番フジファブリックの将来、自分たちが何をすべきかを考えていたのはソウ君だったように見えた。
志村君とやってきたこのバンドを存続させるためには自分たちはなにをすべきか、前向きに考えているのが言葉から伝わってきた(にわかファンのおばさんにも分かるほど)
そして、彼らが出した結論は、フジファブリックは無くさない、新しいフロントマンは迎えずソウ君がヴォーカルを務めると言うものだった。

志村を失った欠落感は無くならない、でも、そこで潰れることなく立ち上がった彼らは、一回りも二回りも大きくなり、新しいフジファブリックとして歩きだした。
残された3人が、いい演奏者だったことも幸いだった。
ヴォーカルのワンマンバンドから楽器を前に出したバンドにフジファブリックは生まれ変わった。
必死の演奏から、志村抜きで進みつつ志村とともにあろうとする彼らのピュアさも伝わって来る。

『銀河』の演奏前には
『忘れないで欲しいメンバーがいます、志村正彦』
という言葉があったそうだ。

そりゃもう、おばさん応援するしかないでしょ。

昔からのファンもきっと分かってくれる。

私のように新しくファンになる人間だって多くいるはずだ。

それでもフジファブリックは志村正彦がいなくなったフジファブリックと言われ続けるのかも知れない。
そう言われることも受け入れて、残った3人でフジファブはやって行こう、と敢えて彼らは選択したのか。

うん、間違えてない。
それでいいよね。
フジファブリックはいいバンドだ。
[PR]
by yuming0117 | 2012-11-03 17:15 | 音楽 | Comments(0)

私と野菜


一昨日の夕飯はブリの竜田揚げだった。
揚げ物なので野菜を摂らねば、とレタスと水菜を敷いた上にブリをのっけてプチトマトも散らしてブリと一緒にワシワシたくさん食べ、その上野菜の揚げびたし(茄子、椎茸、赤・緑ピーマン、南瓜)と私にしては頑張って野菜を食べた!

エライっ

d0153207_12422985.jpg何がですか、普通ですよ

日差しが嬉しい季節になりました


残った揚げびたしは昨日の朝とお昼のおかずになった。
うん、これならかなりの野菜摂取量だわ。

夕飯は何がいいか全然思いつかず(毎度のことで・(^^ゞ)目についた豚ロースの塊を買ってきてポークチャップスにした。

最初から切ってあるのではなく、塊を買ってちょっと厚めに切って弱火でじっくりソテーすると外はカリっと中はジュシィーに仕上がるのよん。
切り身が売り切れてて急場しのぎに塊を買ってやってみたら美味しかったので、以来我が家ではこれです。

でも、揚げ物の翌日に豚で、気がとがめたので昨日も頑張って野菜を食べた。
お肉の上には玉ねぎとシイタケとシメジのソテーがいっぱい入ったソースをかけ、大根と水菜とレタスとトマトのシーフードサラダもお代わりした。

二日間ホント良く頑張った。

そしたら、今朝はおなかがぐりぐり。
やっぱり、私が野菜を嫌いなんじゃなくて野菜が私を嫌いなんだわ。
世の中、野菜さえ食べればすべて解決、野菜を食べない人間は人として劣っている、とでも言いたげな風潮がありますが、こういう人もいるんです。
やっぱり私は野菜はほどほどにするべきかしら?

d0153207_12435148.jpgうまく逃げましたね

だ、だってそうなんだもん




最近youtube でローリングストーンズを聴いている。
一曲一曲はどれも好きだけど、4曲くらいでくたびれちゃうって言うのは若いころから変わってないな~。
だからCDは買わないなんて、あまりに失礼かしらん?

それにしても、キースはなんであんな顔になっちゃったんだろう?
昔は可愛かったのにねぇ。


ほら

ちなみにキースもおなか弱そう(あくまで想像)
[PR]
by yuming0117 | 2009-11-06 12:16 | | Comments(0)

『秋の気配』


『秋の気配』って言う題名で日記を書いておいでのブロガーさんがいらっしゃいました。
『秋の気配』はオフコースの曲です。

彼女、まだ若いから小田和正はご存知でも、オフ・コースはご存じないかもしれません。
アルバム『JUNKTION』に入ってたかな?レコード(笑)持ってました。

♪ こんなことは今までなかった 僕があなたから離れていく

あぁ 嘘でもいいから ほほ笑むふりをして 

僕の精いっぱいの優しさを あなたは受け止めるはずもない

こんなことは今までなかった 別れの言葉を探している


印象的なセンテンスの多い歌でした。
なんだか女の人を憎んででもいるような。
「この人、よっぽどこっぴどく振られたことがあるのよ」なんて友達と話したっけ。




父の容態が低値ながら安定しているこの頃、今日は娘たちに喪服を買ってきました。

今を逃すとなんだかリアルになっちゃいそうだから。

わざわざ買うと却って使わない、なんていう逆のおまじないになるといいんだけどね。
[PR]
by yuming0117 | 2009-09-23 23:21 | 音楽 | Comments(4)

返す返すもアベフトシ


生きてる頃は、次女が好きなのでその付き合いで聴いてた程度でそれほど熱心なファンてわけじゃなかったのですが、亡くなってからyoutubeなどいろいろ聴いてみて、ファンの人たちの崇拝の理由が分かった気がします。

間違いなく、日本で最高のギタリストの一人。

こんなに早く亡くなってしまって、本当に残念でなりません。

ギターを弾くことを何より愛していたであろう彼が、ファンを大事にしていた彼が、ミッシェルガンエレファント解散後、ほとんどファンの前で演奏せずにどうしてたのか何を思っていたのか、と思うとそれも心痛みます。

もう一度、表舞台で演奏する彼を見たかったです。


こんなにカッコ良かったのに

神様、今年は欲張りすぎです。
[PR]
by yuming0117 | 2009-08-08 08:53 | 音楽 | Comments(0)

フェス、短くまとめると


8月2日(日)
ひたちなか海浜公園にて

★矢沢永吉(一曲だけ)
ほんと、この人昔は大っきらいだった。
今はもうどっちでもいいんだけど。
一生に一目ナマ矢沢っていうのも悪くないか、と思ったけどやっぱり心は動きませんでした。
でも、なんていうか大っきらいっていう気持ちはもうないことに気付きました。
で、話のタネにグッズでも買おうかな、スキって言う人にあったらプレゼントできるし、と思って売り場へ行って、

king of Rock Yazawa

という文字を見たら気分が一気に萎えました。だ~れが(ーー;)
やっぱりこの人、ダメだわ、わたし。

★マキシマムザホルモン
あれを好きな人の気持ちは分かる。
楽器の技術もなかなかだし。
周りの若い人たち、ストレス発散になるんだろうな。
ちょっと怖かったけど。
話も面白いし、きっとみんないい人なんでしょう。

でも、聴きながら『キャノンボール~~』と思っていたのが私の本心です。

★真心ブラザーズ
大人で知的で繊細で頼れる(あくまで想像(^_^;)、yo-kingさん大好き。
そばでニコニコしてる桜井さんもお人柄がしのばれるすてきな笑顔。
いいコンビです。

でも、反骨精神あるよっていう歌詞もいいんだなぁ。

★エレファントカシマシ
聴けてよかったです。

感動しました。

★your song is good
今回一番楽しみにしてたのは実は彼ら。
去年の映像を見て、ぜひ今度はライブをと思っていました。

期待にたがわぬ楽しいステージでした。
きっとこの人たちは大ヒットも飛ばさないしビッグにもなれないし、でもずっとバンドやってくんだろうなぁ。
っていうか、そんなことなんとも思ってないんだろうなぁって感じがいっそ清々しいです(笑)

非日常の極み。

★the HIATUS
いつかまた詳しく書くこともあるかもしれません。
今はただ、細美頑張れ。
メンバーの皆さん、細美をよろしくお願いします。
註:私は細美の保護者ではないですよ(笑)

去年は愛するスピッツに備えて体力を温存すべく、ほかのミュージシャンは全部後ろで座っていたのでやはり感動が薄かった。

その反省から、今年は周れるだけ周ったろ、と予定をてんこ盛りにしてあちこち歩き回りました。
娘たちとの待ち合わせに手間取り、art school 見逃したのは残念だった。
ナマ木下理樹、一度は見ておきたい。

楽しかったなぁ。

また来年も行けるかなぁ。

若い人がほとんどの中、ちょっと場違いな感じも抱きつつ、体力が続く限り頑張りたい!!と、強く思った2009年の夏でした。
[PR]
by yuming0117 | 2009-08-07 16:38 | 音楽 | Comments(0)