La vie en Rose yuming0117.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ついに還暦を迎えました、が、 まだまだジタバタ  B型山羊座のもなかです。


by yuming0117
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:TV( 10 )


新番組


NHKの朝ドラの新番組に、以前志村君に似ていると書いたことがある田中幸太朗さんが出ています。
大して重要な役じゃなさそうで出るのは初めのうちだけみたいだけど、しばらく楽しみにしていよう。

これまたNHKの0655という番組で、『さらば高円寺』という新曲をムード歌謡のロスプリモスが歌っています。
どういう組み合わせでしょうか(笑)

高円寺陸橋が映らないのがちょっと残念。
d0153207_935147.jpg


そんなこんなで久しぶりに、志村正彦、と検索してみたら『しむしむ言わせて2』という志村君大好きな方のブログを発見してしまい、朝から読み耽ってしまいました。

3月18日に次女が婚姻届けを提出し、結婚しました。
d0153207_956489.jpg
前日は久しぶりにお赤飯を炊きました

結婚式は6月です。

家からいなくなって、想像してたより寂しくないのか寂しいのか、まだよくわかりません。
一度、晩御飯を食べに来て帰るときに、またいらっしゃいと言って、何気なく言ってしまったんだけど、その時はすごく寂しかったなぁ。

おまけ
今のロスプリモスはこんな感じ
私の知ってるロスプリモスはこちらですが、黒沢明さんも歌ってる森聖二さんも亡くなってしまったそうです。
[PR]
by yuming0117 | 2016-04-04 09:10 | TV | Comments(4)

時代劇


柘榴坂の仇討を観た。

桜田門外の変で主君井伊直弼を守れなかった彦根藩士の 主人公が一人生き残った水戸藩士を討とうとする執念を延々と描いた割には平和な終わりだった。

仇を見つけるも、明治政府は仇討禁止令を発布。
刀を交えるものの、『生きられよ』と別れる。
この場面はこの映画の一番の見せ場で中井貴一、阿部寛の殺陣もすごい迫力。
だからこそ、お互い恩讐を超えての『生きられよ』の一言には重みがある。

拍子抜けと言う人もいるかもしれないけど、仇討ち(人を殺す)を果たして自分も死ぬ、ということが美徳とされる世の中が終わったのは良かった、と心から思いました。

久しぶりの雨、ちょっと涼しいですね。
[PR]
by yuming0117 | 2015-08-17 14:04 | TV | Comments(0)

座布団


『花子とアン』、楽しく見ていたのですが、どうにも気になることが。

これはこの番組だけのことではないんですが、最近は布団や座布団の上に乗っていいんですか?

花子の結婚について家族会議みたいになった場面で、結婚に異議ナシの人が立ち上がるんですが、みんな座布団の上に立つんです。
私、別に自分がすごくお行儀いい人間だとは思ってませんが、これはすごい違和感。

誰も、変に思わなかったのか?

それから、蓮子さんのご主人がご子息の戦死でふさぎ込んでいる蓮子さんを励ましてあげて欲しいと花子を訪ねてきた時、彼は座布団に乗っかったまま、手をついてました。
とりあえず人にもの頼むときには座布団から降りようよ、龍一さん。

ここに及んで、あぁこの番組の関係者は座布団から降りるということを知らないんだと私は認識しました。

そういえば、ずっと前の朝ドラ(多部井未華子さん主演、母役高畑淳子さんタイトル忘れた)で布団の上に乗るおまけにその上で跳ねる場面に驚いたと書いた覚えがあります。
今や、日本では布団や座布団に乗るのはお行儀悪いことではなくなったのですね。
それにしても、どちらの番組にもそれなりに見識の有りそうなそこそこのお年の俳優さんが出ておいでだったのですが、この方たちはなんにもおっしゃらなかったんでしょうか?(高畑さんもそうだし、花子では中原丈男さんとか)

その昔、和室に敷いた布団を踏まないように布団と布団の間を歩いていたのを思い出します。

あぁ、それにしても朝から嫁いびりする泉ピン子の顔は見たくないなぁ。
[PR]
by yuming0117 | 2014-10-03 08:08 | TV | Comments(0)

花子とアン


今日で最終回。
私は割とみんなが良く言ってなかったころから
吉高由里子は好きでした。

今回も、今までのイメージを覆す好演だったと思います。

面白かったけど、私は断然『あしながおじさん』派。

って、誰も比べてないか。
[PR]
by yuming0117 | 2014-09-27 10:06 | TV | Comments(0)

言わせてもらえば


オリンピックもいよいよ今日が閉会式。
昨日の女子バレーの銅メダル、今日のレスリングの金メダルも加わって、アテネ以来メダル数を更新したそうです。

なでしこは銀メダルだったけど、ほんとによくやった。
思った以上にアメリカとの体格差は大きく、体を寄せてくるDFにまともなシュートが打ててなかった。
だからこそ勝って欲しかったけど、でもいい!!
みんな大好き!!

男子は、結局3位決定戦で韓国に敗れメダルを逃した。
ワールドユースに出られなかった選手たちも監督も初めての世界大会。
予選リーグ突破が目標だったそうだから、それは十分果たしたことになる。
ほんとはそこからゲームプランを立て直すべきだった。
勝ち点を積み上げて行くリーグ戦と、負けたらおしまいのトーナメントでは、当然相手の戦い方も違うからね。
そこらへん、頭では分かっていても、なんとなくみんなの切り替えが出来てなかったんじゃないかな。
あ、これで行けると思っちゃった。

相手チームの脅威となっていた永井が怪我でトップスピードで走れなくなったことも考えれば、絶対それが必要だったのに、また同じ戦い方でいった監督が甘いのか、自分たちで修正できなかった選手が未熟なのか、両方だろうね。


でも、これもそれでいい。
メダルなんて取って、もてはやされたってまだ五輪だからね。
いい気になっちゃ、これから先いいことない。

くやしかった分、いい勉強ができたと思えばいい。

と、サッカーの試合は楽しく見てたんだけど、あの実況なんとかならないのか。
毎度のことだけど、野球チーム持ってる某新聞社系の局のアナウンサー、どいつもこいつもあまりに腹が立って試合に集中できないほどのバカさ加減。
なんかムカつくと思うと絶対あそこの局って言うのは五輪やW杯が各局持ちまわりになってから何度も経験してるから、あの局のアナウンサーはもう~私すぐ分かりますっ。

あのね、心温まる裏話とか、エピソードとか局のワイドショーででもやって頂戴。
くっだらない話を解説者の話遮ってまで、うるさい!!

今朝は、暑くて目が覚めて、お水を飲みに下りてきてテレビをつけたらボクシングの村田諒太選手がまさに決勝戦終了間近なところだったのですが、もうアナウンサーがうるさくてうるさくて、それもボクシングに関係ない下らない話をずっとガナっていてあまりにハラがたって目が覚めてしまいました。

今からW杯も思いやられます。
あの局は基本的な実況教育を間違えているようです。
大事なのは“試合を実況する”事です。

他のおしゃべりは必要ないんだっ。
[PR]
by yuming0117 | 2012-08-13 00:19 | TV | Comments(0)

ぎゃ~~((+_+))


今、私が一番好きなTV番組はケーブルTVの『ザ・ホワイトハウス』である。
出かけていて見られない時には録画セットするほど。

シーズン6の最終回、民主党党大会でヒスパニック系のマシュー・サントス下院議員が大どんでん返しで民主党大統領候補の指名を獲得した。
ちなみにこのサントスは合衆国の現大統領、バラク・オバマをモデルにしたと言われている。
私はこのサントス議員を演じている俳優ジミー・スミッツが大好き。
ホワイトハウスもちょっと飽きてきたかな、という時『NYPDブルー』以来ご無沙汰だったスミッツが登場してまた熱が戻った。
年をとって、体格もかなり貫禄が出たけどやっぱり素敵じゃない 053.gif

サントス議員がここまで来るには様々な困難があったのだ。
自分の国の国会議員のスピーチなんて聞く気もしないのに、サントスの最後のスピーチには涙を流して聞き入ってしまった。
同じように涙を流すジョシュやサントス夫人や他のスタッフたちとは強いきずなで結ばれた仲間の気分。
手を取り合ってこれまでの健闘を讃え合いたい。
サントスの地元まで大統領選に立候補するよう説得に行ったのはジョシュだもんね。
スピーチが終わってジョシュに『うちのダンナ素敵でしょ』とでも言いたげにほほ笑んだサントス夫人に軽く嫉妬。

ほんとに感激的な回だった。
録画しといてよかった。
何度も繰り返し見ては涙を流すんだろう。
これから大統領になるのよね。

d0153207_14492770.jpg


もう一回見ようかな。
おっと、その前に編集しておこう。











の、はずが

が~~ん(>_<。)。。。

そう、お察しの通り、編集したのは本編・・・
残ったのは宣伝・・・

慌わててあちこち押したけど、どうにもならない。
感動のサントス指名民主党党大会は一瞬にして消えてしまいましたとさ。

あ~あ、次の再放送はいつだろう。

やぎ座は今日一番の運勢なんて言ってたのは誰だ?


d0153207_145209.jpgNYPDブルーの頃


d0153207_14532179.jpgおかーさん
心配です

[PR]
by yuming0117 | 2009-07-08 14:50 | TV | Comments(2)

とても気になる


朝のドラマの『つばさ』

内容はこっちに置いといて。

主人公の女の子つばさと母が、布団の上で立ち上がるのがとても気になる。
のみならず、布団の上で跳んだり跳ねたりまでする。
布団の外に出るとか、狭いならとりあえず二つ折りにするとか、
布団に乗らないようにする方法はあるだろうに。

お行儀悪すぎないか?
第一布団が痛むし汚れるだろう。

私も子供のころ布団で寝てたけど、布団に乗るとすごく怒られた。
「布団にずかずか乗るんじゃない」って。
(だから子供のくせに“ずかずか”なんて言葉も覚えた)

脚本家も演出家も出演者も、布団の上で立ち上がるの、誰もなんとも思わなかったのかな?

こうやって、日本人はお行儀悪くなっていくんだろうね。

d0153207_13223066.jpg僕はお布団には乗りません

d0153207_13244629.jpg枕にはしますけど
[PR]
by yuming0117 | 2009-05-31 22:53 | TV | Comments(0)

東山くんの首


ここ何年か花粉症が軽かったので油断してたら今年はどうも辛い。
油断のせいで、愛飲しているお茶を切らしてしまった。
鼻が詰まって寝られないのはかなわないので、薬を買って飲んだ。
そうしたら、どうにもこうにも眠くて眠くて。
夕方になった眠気が治まってきたら今度は頭痛がしてきた。

せっかく、娘たちも夫も外食で一人の夜なのに本も読めない音楽も煩わしい。
で、見るともなくテレビのチャンネルをパチパチ。
たまたま目に留まったのは必殺仕事人だ。
見たことないけど、ジャニーズの時代劇ってどんななのかな?
丁度最後のいいところ、仕事人たちがいかにもっていう悪党面の悪党を次々と仕留める。
最後に登場したのが同心姿の東山紀之。
桜吹雪の中を現れて、悪徳商人て感じの爺さんをばっさり。

さっそうとカッコイイ場面のはずなんだが、あることが気になってすっかりそっちに気をとられてしまった。
それが、東山くんの首。

私は見なかったのだが、以前彼と孝夫さん(今の仁左衛門丈)で源氏物語をTV化したことがあった。
後日、朝のワイドショーをなんとなく見ていたらゲストに狂言の方が出ていらして『東山くんの首が前に出ているのがなんとも残念、やっぱり首は背中の上に乗っていなくちゃ、孝夫さんそばにいたなら一言言ってあげてほしかった』と言っていた。
なるほどね、そういうものなのか。
この人は着物を着慣れているから余計気になったんでしょうけど、孝夫さんならずともほかに注意して上げる人がいなかったものか。

それ以来、私は東山くんというと洋服姿でも首が気になってついつい見てしまう。
確かに彼は首が前に出ている。
多分そういう骨格なんだと思う。
でも、気をつければ出来ないことじゃないはずだ、首を背中の上に乗っけることくらい。

でも、やっぱり今回も彼の首は背中の上に乗っかっていなかった。
別に知り合いじゃないけど、真面目で一生懸命な人だと言われる東山くん、自覚してればちゃんと直す努力はする人なんじゃないだろうか。
つまり、誰も彼に対して『首は背中の上に乗せましょう』と注意してあげないってことだろう。
というか、誰も注意できないのかな。
それは、ほかのことにも言えるのかな。
それは彼にとって、とても不幸なことなんじゃないのかな。

別にくたびれた同心の役なんだから首が前に出ていてもかまわないようなものなんだけどね。
う~ん、きっとこれからも誰も言わないんだろうな。

てなことを、ぼんやりTVを見ながら考えたのでありました。
もう寝よっと。
お休みなさいまし。
[PR]
by yuming0117 | 2009-03-07 00:02 | TV | Comments(2)

ブラザーズ & シスターズ


ケーブルTVのブラザーズ & シスターズというドラマを楽しみにしている私。

先週実家の母が、目の手術のために一週間入院しました。
母が入院中、一人になる父が心配ということで、北海道から弟のお嫁さんが来てくれ、
お嫁さんが帰った後は、実家に3人姉妹が交代で泊り込み。
土日は私がお当番でした。

間違えて利尿効果のある薬を寝る前に飲んでしまったという父が、10分おきに目を覚ましてトイレに行くので、
転ばないかと心配でそのたびに私も起きてついていったり、慣れないこともあり、やはり大変に疲れました。
(トイレには合計5回行きました)

実家から疲れて帰ってきた日曜日の夜、いつものように『ブラザーズ & シスターズ』を見る私に
夫が苦笑しながら
「よくこんな時にそんな面倒くさいドラマ見られるね、今日はもう十分じゃないの?」

d0153207_141577.jpgこの日は珍しく
長女が
お夕飯を作ってくれました

ブルスケッタ『会心の作』だそうです

でも
私の得意料理、って(笑)



確かに、この家はお父さんが急死したり、その後で愛人やその子供が出てきちゃったり、次男ゲイだったり、長女は離婚しちゃったり、次女の婚約者が大統領選に立候補しちゃったり、そのブレインのおじさんとお母さんが恋に落ちちゃったり、アフガン帰りの三男はヤク中だったり、長男夫婦の双子の一人が亡くなってしまったり、ほんとにすったもんだしてるけど、お母さんは頼りになるし、弟は姉を大事にしてるし、なんてったってドラマだから罵り合っても、最後はなんとか解決するのよ。

『家族だから』『家族じゃない』ってね。

d0153207_1431029.jpgたまねぎとごぼう入り
和風ハンバーグ

エリンギのバターソテーと
おしょうゆ卵添え

大根おろしとポン酢で食べよとの指示



それが今の私には救いなの。

d0153207_147823.jpg白菜とホタテと春雨の
ササミスープ

ラー油は入れないで欲しいらしい



夫はお母さん役のサリー・フィールズが嫌いだそうなんですが、
まぁね、そもそもこのタイトルからして、一人っ子の夫には『縁がない』感もりもりでしょうか。(笑)

d0153207_14144320.jpgたまねぎの入っていない
ハンバーグはないんですか?



それにしても、今後どちらが入院することになってもますます一人にしておけなくなる両親。
その時どうするか、真剣に考えて欲しいものです。
[PR]
by yuming0117 | 2009-02-10 14:10 | TV | Comments(0)

『ちりとてちん』考


NHKの朝の連続テレビドラマ『ちりとてちん』が終了しました。
関東地域では史上最低の視聴率だったそうですが、私は楽しく拝見しましたよ。
我が家ゆかりの(舅が福井出身)土地と言うこともあり親しみが持てたのが原因でしょうか。
大きい声では言えませんがちりとてちんの前の話がすっごく嫌いで、どうしてドラマの主人公ってこういう子(妙に前向きでイイコででしゃばり)ばっかりなの?!とハラ立てて見るのを止めたことも何度か。(じゃ見なきゃいいじゃない、って話ですが怖いもの見たさで?!)
『ちりとてちん』とか『いもたこなんきん』とかがあんなのより視聴率が低かったなんてちょっと信じられません。

さて、楽しく観てきたちりとてちん、どんな大団円を迎えるのかと興味を持っていたのですが、これがまた予想外と言うか予想を裏切ったと言おうか。
はぁ~そう来たか!と言う感じ。

『人生のドまんなかを歩く』と大見得を切って大阪へやってきて、落語と言う男社会で苦労を重ね、ようやく一人前になったところで子どもができた主人公の若狭ちゃん、ふんふん、これからはまたまた苦労して子育てしながら更に大きな噺家さんを目指すのね、と思うでしょ、普通。
ところが若狭ちゃん、噺家は辞めて『おかあちゃんになる』と言い出しはった。
d0153207_15354158.jpg
どないやねん?!

毎日毎日みんなのために同じことを続けることがどれだけ大事か、だって。
まぁ、別に特技のない専業主婦で家族の健康やらなんやら心配し、家族のために多くの時間を費やしておたおたしている私としてはおかあちゃんの仕事を評価していただいたのはそれはそれでありがたいとしても。
このドラマの脚本を書いておいでの方は、仕事を持つ女性なわけで。
結婚なさっておいでかどうかは分かりませんが、仕事を持ってる女性がそれを捨てると言うことを簡単に考えてるとは思えない。
だからそこんとこ、ホンネなの?とちょっと疑わしく思ったりして。
視聴層に配慮するのは仕方ないことだとは言え、もしあの時間帯の主な視聴者(専業主婦)に気を使って心ならずも『おかあちゃんになる』と言わせてたんだとしたらちょっと気分が悪い。
それとも『やはり女は家にいるべき』という思想の持ち主のプロデューサーの差し金、なんて考えすぎかしら?
色々思いもつかないことやらかして楽しませてくれた若狭ちゃん、最後がちょっと私としては残念でありました。

残念と言えば。
こういう古典芸能を題材にするときは・・

d0153207_15441535.jpg
まだあるんですか・・
早くしてください


More
[PR]
by yuming0117 | 2008-04-04 14:19 | TV | Comments(0)