La vie en Rose yuming0117.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ついに還暦を迎えました、が、 まだまだジタバタ  B型山羊座のもなかです。


by yuming0117
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:おしゃれ( 7 )


着付け


私に貸してくれる着物を出そうとして、箪笥をあれこれ見ているうちに懐かしくなったのか
『紬もいいのがあるのよ、大島もお芝居観に行くときなんかいいんじゃないかしら、あなた着てね』
と、言ってくれる姑。

はい、確かに。
でも、着物着てお芝居、う~んなかなかねぇ。

羽二重屋の娘だった姑。
長女のお嫁入りには祖父母もそりゃ気合が入ったことでしょう、姑は桐箪笥三棹持ってます。
おまけに、舅のドイツ赴任中にやれパーティだ日本から来た人の接待だと着物を着なくてはならない機会が多く、実家から買い足して送ってもらていたそうです。

だから確かにたくさんの着物、着なくちゃ勿体ないです。

ん~、着付け習おうかなぁ。
[PR]
by yuming0117 | 2014-09-08 10:48 | おしゃれ | Comments(0)

訪問着


上の妹の長女が結婚することになった。

10月の結婚式には親戚のおばさんなら、普通黒留袖を着るところだろうが、華やかな方がいいから訪問着を着てはくれまいかとの、妹からの要望。

およそ和服を着る機会などない私たち、持っている訪問着と言えば、お嫁に来る時持たせてもらった二枚だけ。
それでも、三人姉妹の強味、お互い手持ちの物を見せ合って、私の二枚のうちの一枚と帯を下の妹が使うことになった。

私は、姑がいつでも着てねと言ってくれていたご自慢の訪問着を借りることになった。

一件落着〜なのだが、これ二つ並べてみると、地味なのを選んだとは言え結婚前の20代に作った私の訪問着と帯、片や50に近くなった姑が大事な一人息子の結納のために作った訪問着と帯、迫力が違い過ぎないか?
d0153207_08021467.jpg

d0153207_08022864.jpg


(もちろん上が姑の、下が私のです)

立て続けにお嫁に行った3人の娘のために、親はできる限りの支度をしてくれたと思うけど、きっとお値段もかなり違うんだろうなぁ。

体型も私の方が全然貫禄あるしなー。
ま、お祝いだから良しとしよう。

iphoneで撮った画像を載せると縦横が回転してしまい、どうしたらちゃんとできるのか分かりません。
お見苦しくて申し訳ない。ご容赦ください。
[PR]
by yuming0117 | 2014-09-07 13:31 | おしゃれ | Comments(0)

色違い


先月買ったカーディガン、とても気に入ったので
色違いも買ってしまった。

d0153207_1055297.jpg


暫くはカーディガンを買うのは止めよう(^^ゞ

他の色は来年買うことにしよう(ゑ?)
[PR]
by yuming0117 | 2013-06-10 00:05 | おしゃれ | Comments(2)

陛下のネクタイ


夫によれば、天皇陛下のネクタイの締め方はすごく上手なんだそうだ。

ご自分で締めるのか、誰か締める係の人が居るのか?

下々の者には、わからないわね~。
[PR]
by yuming0117 | 2012-01-13 22:58 | おしゃれ | Comments(0)

大型で強い台風6号が発生し、四国や東海地方に大雨を降らせた。
被害を受けた皆様にはお見舞い申し上げます。

子供のころ、普段でも洋服を畳んで枕もとに置いて寝ていたものだったけど、台風の時には大きめのスカーフに下着やらブラウスやら包んで置いておいて、いつもは閉めない雨戸を閉めて、それが子供の台風への備えだった。
そのスカーフの柄を思い出して、それから子供の頃の服装など思い出して。


母という人は多分おしゃれでセンスも悪くなかったんだろうと今となっては思う。
子供のころの記憶の中の母の服は、今思い出してもなかなかいい線いってたような気がする。
ただ、そのセンスというのがどうも平凡が嫌いで人と同じものは我慢がならないというテのセンスだったようで。
なんとなく、ママの着ているものはよそのママとは違うなぁと子供心に思ったし、似たような格好してくれないかなぁとも思った。
そのセンスで選ぶ子供に着せる服も、目立たないことが何より大事な娘には結構迷惑なこともあったのだ。

実際よく『その服、ヘン』て言われたし。(苦笑)
私これでも『い~だ、こっちの方が可愛いんですぅ』と言えるタイプじゃなかったし。

幼稚園の頃、毛糸の帽子のてっぺんから長い三つ編みが二本垂れている帽子が流行ったことがあった。(うちの幼稚園だけ?)
その頃私はショートカットで長い髪の子がすごく羨ましかったんだよね。

幼稚園のお友達の何人かは、焦げ茶とか白とか黒とか、自分の髪の毛に見える(と私には思えた)帽子をかぶっていて、常々三つ編みいいなぁと思っていた私はせめて帽子でその気分を味わいたいと思ったのか、母にその帽子を買って欲しいとせがんだ。

あんなの可愛くないだのなんだの否定的なやり取りがあったのち、どういう経緯で買ってくれることになったのか、母がその帽子を買ってきてくれて、はい、と見せられたのがナ、ナント目にも鮮やかなターコイズブルーの帽子とレモンイエローの帽子だったのだ。

ゑ?何これ?全然自分の髪に見えない。
こんなのかぶってたらコバヤシケイコちゃんに、もなかちゃんの髪の毛ヘンな色、っていじめられちゃうよ。
あら、金髪よって言えばいいじゃない。
ふえん(・_;)そんな無理だよ。
でも、しょうがない、じゃ私は黄色の方にして。
黄色じゃないの、レモンイエロー!

ちなみに妹(上の・下の妹はまだ赤ん坊だった)はどっちが欲しかったのか知らない。
でも、妹は色が白いからターコイズの方が似合うとかなんとかそんな会話が記憶にあるから、好きかどうかは別にして妹はターコイズの方を被っていたんだろう。
確かその頃妹はボーイッシュ一直線の好みだったから、そもそも姉に付き合わされた三つ編みの帽子なんてもの自体が迷惑だったかも知れない。

結局その帽子は、もともと母の好みに合わなかった上に三つ編みに見えたいという私の望みも叶えず、たいして被らないまま流行りも終わり、たいして被らないまま引退したのだった。

それにしても、3歳の娘にベージュのアストラカン(ニセ)のコートや深緑のワンピースを着せてた人がなんでまたあれに限ってターコイズブルーやレモンイエローだったんだろう。
彼女にしてみれば、せっかく被るのに髪の毛と同じ色じゃつまらないでしょ、全然違うからおしゃれなんじゃないの、ってところか。

それに、流行ってるからって娘がケイコちゃんやしぃちゃん(仲が良かったお友達です)の真似なんて、彼女のプライドが許さなかったのかも(笑)

でも、いまどきそれこそレモンイエローやターコイズブルーやどっピンクのウィッグを付けて歩いてる若い子を見ると、母のセンスは随分先端(すぎる)をいってたとも言えるのかなぁなんて思ったりもして。(笑)

母は母のセンスで娘に可愛いカッコさせてくれてたのはよく分かる。
それが娘の生きてる子供社会ではちょっと迷惑だったこともあったけどね。

件のスカーフは、上の妹と私で色違いのおそろい。
ウール素材で一枚はロイヤルブルー、一枚は黒。
中原淳一(それいゆの表紙描いてた人)の絵みたいな顔したお人形がいろんなファッションで描かれていると言う柄でした。

マッチ売りの少女ごっこにも、眠れる森の美女ごっこにも派手過ぎて使えなかったのよねぇ。

でも、洋服を畳んで枕もとに置いておくと言うしつけは大事だったなぁと思う。
親が口うるさくそれを言ったのは、空襲を経験してたからだろうなぁ。

『洋服持って逃げないと、逃げた先でパジャマのままよ』って母の実感なんだろう。

娘たちは伝わってないなぁ。
そこは母として、反省。
[PR]
by yuming0117 | 2011-07-21 08:08 | おしゃれ | Comments(2)

手足ケア


犬の散歩以外には運動らしい運動はしていない。
これではいけない!とせめてもの気休めに生協で買った初恋スリッパ(何故に初恋?!)
足首が細くなるとか歪みが治るとか。

d0153207_12141246.jpg 地味なグレイにミッフィーちゃん柄が映えます(?)

でもこれがほんとにマジで痛い。
真ん中の盛り上がりが土踏まずに当たって、青竹踏みのような効果があるものと思われますが、痛くてしっかり足を付けることができずちゃんと歩けません。
つまり私は不健康な人間と言うことなんでしょうか。
続けていれば痛くなくなるのだろうか、と試しに“ずっと青竹踏み状態”でいます。
これと健康との因果関係も良く分からないのだが。


足と言えば、左足の甲にできたガングリオン。
整形外科で診てもらったら、悪いのじゃないから気にならなければ放っておいでもいいですと言われ、放置。
あまり大きくなるようなら取りましょうとも。

で、段々大きくなりちょっと痛い。
気になると言うより、心配。
でも、手術って痛いだろうなぁ。
手術で発生する痛みや不自由とこの痛みだったら、まだこっちの方が我慢できるなぁ。
でも、いずれはもっと大きくなって手術するんだろうなぁ。
今にうちの方が手術も楽かなぁ。

などと、思い悩んでおります。

こちらは長女が買ってきてくれたハンドクリーム、キールズ。
ユーカリの香り好きでしょ?うん、好き好き053.gif

d0153207_12171965.jpgなんでもアメリカのセレブがお使いなんだそう。
ハンドクリームの実力としては普通だけど、ユーカリの香りがさっぱりしていい感じです。
お友達の日記を拝見して思い出しました。
ボディローションもあるのかしらん?
[PR]
by yuming0117 | 2010-01-19 12:18 | おしゃれ | Comments(2)

選手交替


どなたでも、ご自分に合う靴を見つけるのにはご苦労なさると思います。

夫はそもそも自分が身につけるものの趣味がうるさい上に、足の幅が広く甲が高く、履いて快適な靴とは滅多にお目にかかれません。
だからたまたま見つけた履き心地のいいデザインもそこそこ気に入った、というような靴はだいぶくたびれてくるまで履き続けます。
私は去年のお誕生日あたりからずっと『靴買ってね』と言い続けているのに『気に入ったのがない』『これとそっくり同じって言うのもなぁ』などど言って未だにボロ靴履いてます。
会社で鬼女房と思われてるに違いないわ、ワタシ・・

私の足は幅広で甲が低くうすべったい足です。
これまた、履き心地のいい靴にはあまりお目にかかれません。
でも、私は気に入った同じものを何度も買うのに抵抗はありません。

以前、ちょっと試着してみようかなぁと履いてみてあまりの履き心地のよさに、どうしても欲しくなり思い切って買ってしまったTODSのスリッポン、長らくお世話になった末、かかとがこんなことに・・
d0153207_093034.jpg
うぅむ、こればっかり履いてたからなぁ・・
そこで再び思い切って買っちゃいました。おんなじの。
何故かエナメルのスリッポンが大好き。
yoshinoya、フェラガモ 他にも履いたなぁ。d0153207_095354.jpg

左・新人 右・ベテラン
今度のはかかとが取り替えられる
ニューバージョン!!d0153207_010836.jpg







これでまたまた長らくお世話になることでしょう。
かかとが取り替えられるだけ、もっと長いお付き合いになるかも~。
大事にするからどうぞヨロシクね。

それにしても古いほうの靴、勿体ないなぁ。
近所の靴の修理頼んでるおじさんにかかとつけられるか聞いてみようかなぁ。
TODSの人に怒られるかしらん・・?

夫よ、気に入ったのがあったら速やかに購入するように。

d0153207_23223365.jpg以前は片っ端から靴をケージに持ち込んでカジカジ、何足もダメにしてくれたレオンですが、今日は一生懸命撮影する私をこんな顔して眺めてました。ちょっと寂しい(笑)
[PR]
by yuming0117 | 2008-02-15 13:55 | おしゃれ | Comments(2)