La vie en Rose yuming0117.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ついに還暦を迎えました、が、 まだまだジタバタ  B型山羊座のもなかです。


by yuming0117
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

オフィーリア


何年か前にTVで紹介されていたのを見てから、ずっと見たいと思っていました。
英国へ行くことがあったら、これだけは是非見たい、と。
日本に来ることはないと思っていました。
来てくれたのね、オフィーリア。
(正しくは ジョン・エヴァット・ミレイ展)

d0153207_9245223.jpg


出不精なので、まだやってるまだ大丈夫と思って先延ばしにしているうちにもうあと何日もなくなってしまい、意を決して昨日、半日休みで午後が空いている長女と渋谷で待ち合わせ、見てきましたオフィーリア。

絵の感想ってなんだか書き難いです。

水に浮かぶオフィーリアはきれいで儚げで、上手で美しい絵でしたが今は私はこの絵を見るタイミングではなかったのかもしれない。
TVで見たときより感動しませんでした(笑)

それでも、他の絵に進んで後また戻ってまた見て、を繰り返しているうちに、静かに絵と対峙している気持ちにはなってきました。
真正面からじゃなくても、後ろの方からでも見つめていると絵が私に近付いてきてくれるような気持ちになりました。
絵は静かに見たいけど、有名な絵はなかなかそういうわけには行きませんね。
でも、それで諦めてはいけません(笑)

オフィーリアといえば、お芝居を見る習慣がない私が感動した数少ないお芝居が、大昔TVで見た平幹二朗さんの『ハムレット』です。
オフィーリアは今は亡き影万里絵さんでした。

平さんは俳優として好きというわけではないですが、彼のお芝居にはしばしば感動させられます。
全てを忘れて見入ったお芝居は(全てTVですが)このハムレット、平さんの『樅の木は残った』なんだか分からないドラマに出ていた杉村春子さん、仮名手本忠臣蔵の(今の)福助さんのお軽です。

絵を沢山見ると、すごく疲れます。
画家の絵に込めた心に圧倒されるんでしょうか?
肖像画が多かったことも関係あるのかもしれません。
晩年の風景画でとても静かな美しい絵がありました。
暮れなずむ鹿の禁猟区の湿原。
遠くに白く月が見えているけど、まだ夜ではない時間帯です。
ここは混んでいなかったので、一人でずっと眺めていられました。
今回はこちらが私のタイミングだったようです。

bunkamura の次の展示はアンドリュー・ワイエス。
こちらは何度も見て大好きな画家です。
また行きたいけどコチラもすごく混むんだろうなぁ。

その昔、小学生だった弟(一回り年下)を連れてアンドリュー・ワイエス展に行き『この人絵がうまいねぇ』と極めて正直な感想を大きな声で言う弟が、カッコつけたい年頃の姉は大層恥ずかしかったものです。

風になびくレース、やっぱり見に行こうかな。

その前に琳派展も行きたいけど、屏風は19日まででした007.gif
あちゃ~見事に下手を打ちましたね、がっかり。

飼い主が出かける朝のレオンです。
d0153207_9314439.jpg
朝からお化粧を始める飼い主に異変を感じ

d0153207_9351476.jpg
事情を察知してふて腐れ


d0153207_936453.jpg
呼びかけても寝たフリ

d0153207_9373046.jpg
どうせ今日も留守番なんだからほっといて


d0153207_9381668.jpg
行って来るからね~ あっそ、行けば

[PR]
Commented by 小麦 at 2008-10-21 17:54 x
ミレイ行かれたんですね~
オフィーリア、美しい絵だなぁ~と思うんですけど何となく恐くて^^;
でも行けばよかったかな、金曜日が最後のチャンスだわぁ
ワイエスは絶対行きます。 
どこかですれ違ったりして(笑)
Commented by もなか at 2008-10-21 23:06 x
☆小麦さま
確かに、色々考えると恐い絵でもありますね。
でもそういう点も含めて、実際見てみないと分からないところが沢山あるだろうと期待していたのですが、柵越しだったし絵にはガラスもはめ込んであったりで、実物を見てる感が薄かったのです。
名画の保存という点からすれば当然のことで、仕方ないんですけどね。

昨日は平日だったけど、結構こんでいましたよ。

小麦さんもワイエスお好きですか?
風や香りや空気を感じられる絵ですよね。
by yuming0117 | 2008-10-21 09:47 | おでかけ | Comments(2)