La vie en Rose yuming0117.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ついに還暦を迎えました、が、 まだまだジタバタ  B型山羊座のもなかです。


by yuming0117
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

寸評 ①


d0153207_13124429.jpg

日が経つにつれ、記憶も怪しくなってきたので今のうちにその他のことを短くφ(..)メモメモ

結局、ユリウス親子はカエラちゃんは見ずにバンプグッズ行列を敢行。
どうかグッズが売り切れないように、と祈るばかり。

カネキョン、もなか親子は後ろの方でまったりカエラちゃんを観賞。
見えません(笑)
出てきた時には緑のTシャツに青い短いフレアースカートの取り合わせにに驚いたけど、さらに驚いたのはスクリーンに映し出されたお顔です。
眉毛半分だし、アイシャドー赤だし~~
でも、アクセサリーなしであのメイクって言うのもインパクトがあって潔い感じでステージではいいかもしれないね。
ちなみに、足元は黒のコンバースのハイカットでした。
なんとなくTV神奈川のsakusakuのイメージが強くて、未だにミュージシャンには見えないわ、と思っていたけどどうして歌は上手です。
それにやっぱり声って大事だなぁ。
生まれつきの声の魅力の有無はいかんともしがたいですからね。
カエラちゃんの声は私には合格。
あの素っ気無いしゃべり方も東京の下町の“子”(じゃないけど(~_~;))には心地いいの。
感じワル、とか思われないかな、なんてちょっと心配しちゃうけど。

カエラちゃんスタッフが着てたマルチカラーのTシャツがとても可愛かったので、もなかはそれを買おうとグッズ売り場へ。
結構並んでます。
もなか次女はスパルタローカルズを見に Wing Tent へ。
カネキョン親子はご子息が好きだというB-DASH を見にLakeStage(以下レイク)へ、と別行動になりました。
TシャツはMサイズとXSサイズしか残ってなくて、Mを買ったけどちょっと長いかも、と思っていたら後からユリウスさんがご子息へのお土産に買い取ってくれました。
ありがとう、相変らず粗忽もんですいません。

『カッコいいリストバンドがあったら買って来て』と言う夫のためにリストバンドを物色するも、そもそもリストバンドが品薄。
長女とお揃いってお互いどうよ、と思ったけどポリのリストバンドが一番カラフルで可愛かったので緑のを買って Wing Tent に向かう。
d0153207_13281488.jpg
TOISU!はポリのお決まりの挨拶だそうです。
結局夫にはややきゅうくつなので長女が使うことに。

会場は音が交差しないようにステージとステージが離れていて移動に結構な時間がかかる。
前に来た時より、その移動が長く感じられるんですけど 008.gif
やっぱり体力は低下してるのかしらねぇ。

と、その移動の途中で Sound of Forest から聞こえて来た知らないバンドの歌にもなかの逆鱗がピクリ。

♪もう少し子どものままでいさせてくれ~~

ハイハイ、いたけりゃいつまでもいればよろしい。
人に断らなくったっていいんですよ。
その代わり、その責任は自分でとりなさいよ。
『こどものままでいさせてくれ』つまりもう子どもじゃないんだから。
子どもじゃないのに子どもでいるってことにはそれなりのリスクが伴います。
それを背負う気があるならお好きなように。
でも、それをわざわざ歌にして『いさせてくれ』って人にお願いするなんて、責任を負いたくないの丸出しじゃないですか。
甘ったれんなよ。
誰だか知りもしないバンドの歌詞についつい反応してしまいました。
でも、なんかこう最近の若い人の歌ってそこら辺が気に入らないんです。
好きにしたいならそうすればよろしい。
でも、結果は引き受けなさい、悪い結果が出ても人のせいにするな。

と、ひとり心のなかでブーたれながらスパルタローカルズに向かうと終わってました。
がっくり。
次ぎのバンドの音あわせなんか聴いてみましたが、やっぱりエレキは音が大きい(笑)

レイクの出口で次女と待ち合わせたのでそちらへ向かうとB-DASH も終わって175R(イナゴライダー以下イナゴ)が始まってる。
イナゴも一時は随分人気があったけど、そういえば最近はどうしてるのかな。

047.gifどうせとるならてっぺんとろうぜ

って心意気は買うけど、何もそれをこんなところで聴衆に向かって言わなくても(苦笑)

と、小うるさいおばさんは思ったのでした。
[PR]
by yuming0117 | 2008-08-05 13:06 | 音楽 | Comments(0)